【SHElovesWebコース体験記】好きを原動力に、新しい一歩を踏み出し続ける!起業家、平井幸奈の新たな挑戦

早稲田大学在学中に、「世界一の朝食」と評されるbillsのオーストラリア本店へ自ら訪ねていって、総料理長のアシスタントを務め、帰国後は自身のお店「forucafe」をオープンさせた平井幸奈さん。その圧巻の行動力は、なんとお店のホームページ制作にまで及ぶことになりました。ホームページを改善したいと思ったら、人に頼むのではなく、まず自分自身が理解するため、SHElovesのウェブコース受講を決意。

webデザインを0から学びたい女性にぴったりなSHElovesのレッスンを通して、平井さんが学んだことや今後の展望を伺いました。

⒈ ”好き”から始まり起業に至るまで

-”若手女性起業家”として知られる平井さんですが、改めて現在のお仕事内容を教えてください。

株式会社フォルスタイルの代表をしています。forucafeというブリュレフレンチトースト発祥のお店、カフェの経営と、FORU GRANOLAというグラノーラ専門店、FORU CATERINGというケータリングサービスなどを展開していて、食を起点にライフスタイルを彩るブランドを目指しています。


-平井さんは飲食業界の会社に就職するのではなく、起業という道を選んでいらっしゃいますが、迷いはなかったのですか?”若手女性起業家”ならではの苦労もあったのでは、と想像しております。

正直、就職するかどうかはとても迷いました。潤沢な資金がある企業で学んで、大きな仕事を任せてもらうように努力する道も選択肢の一つでした。

でも実際に、自分で事業をするより魅力的な仕事を見つけられなかったんです。起業して自分でゼロから切り開いていくことは、大変な分、2倍も3倍もやりがいを感じたんです。

起業当初は「若いから」と業者さんに足元を見られて、価格を高く見積もられてそのまま取引をしてしまっていたこともあったりしました。ですが、今は”女子大生起業家”という肩書きが取れ、より本質がみてもらえるフェーズだと考えています。

「ブリュレフレンチトーストが美味しいお店」「グラノーラが美味しいお店」として、より多くのお客さまに来ていただけるようにしたいですね。

-店舗の経営だけにとどまらず、商品開発など様々なことに挑戦していくバイタリティは、”好き”が原動力になっているそうです。


⒉ 会社の新しいフェーズとSHE loves受講

-平井さんが今までご活躍されてきた分野とwebデザインは全く違う世界だと思うのですが、どうして受講を決意されたのでしょうか?

forucafeをリニューアルするタイミングで、新しいホームページを作る必要がありました。いつも外注しているのですが、自分で作ってみたいと思い、受講しました。

自分でホームページを作れるようになったら幅が広がるし、外注するにしてもそのコミュニケーションがうまく取れるようになるといいなと思っていました。

-お店の世界観をより強く表現するには店舗だけではなく、ホームページの雰囲気も大事な要素ですよね。ご自身でそこまで強くこだわって、実際に行動できるところがさすが平井さんです!
では、忙しい中どのように学びを深めていったのでしょうか。


⒊SHElovesの魅力に迫る。短時間でマスターできた秘訣とは?

-SHElovesの講義の中で最も印象に残ったことは何ですか?

えりさんのPhotoshopのデザインの授業です。Photoshopって、使ってみたいけど難しそうだな、と思っていたのですが、ゼロからサクサク教えていただき、とても分かりやすくて目からウロコでした。

-短時間でWebデザインをゼロから学ぶのは、ハードルが高いように感じますが、実際平井さんはいかがでしたか?

コーディングには時間がかかりました。特にページの上部にメニューを固定するようにする、そのコーディングが難しくて。先生に手取り足取り優しく教えていただきながらなんとか完成することができました。

-お忙しい中で完成させることはとても大変だったと思いますが、どのように時間を捻出していたのですか?

受講期間中は、毎朝1時間は必ず時間を割いていました。早起きは得意なので朝は必ず触れる!と決めていました。仕事との兼ね合いを考え逆算して、最後の1週間はあまり集中できなそうだなと思っていたので、最終プレゼンの1週間前には形になるように頑張りました。

一人で勉強しても絶対にこんな短期間でマスターすることはできなかったと思います。一緒に挑戦する仲間と、優しくて優秀でちょっとスパルタな先生方のおかげでなんとか形にすることができました。

-コーディングなど1人で始めようと思ったら挫けてしまいそうなことがホームページ制作にはたくさんありますが、切磋琢磨し合える仲間がいるというのはとっても心強いですね。

コツが分からないと時間がかかってしまうようなことも、対面形式でみっちり教えてもらえるので、忙しい平井さんにはぴったりだったんではないでしょうか。

⒋ウェブスキルを身に付けた起業家・平井幸奈の今後

-SHE lovesを受講してから何か大きく変わったことはありますか?

ホームページは外注するもの、デザインは外注するもの、という概念が覆りました。講座を終えてから、早速ケータリングサービスのWEBページを作ることができました。とても丁寧にフォローしていただき、納得いくサイトができました。外注するときも、前は「ちょっとキツキツした印象があって、文字もワイルドだからなんとか調整いただけますか。」みたいな感じでざっくりとお願いしていたのですが(笑)、「font weightのboldを解除して、padding topを50pxくらい足していただけますか」とか具体的にお願いできるようになりました。お願いする工程にどれくらい時間がかかるのか、自分で分かることもとても良いです。

これからもSHElovesで学んだことを活かして、自分でWebページを作ったり、外注するときもしっかりコミュニケーションを取っていきたいです!

-ますます活躍の幅が広がっている平井さんですが、今後の目標を教えてください!

現状、リアル店舗事業を基軸としているので、どうしても口コミやリアルでの表現に頼っている部分があります。ホームページはまだまだ改善の余地があって、特にグラノーラ販売などは伸び代があると思っています。もっともっとスマートに、お客様に情報を届けられるように今あるwebサイトを作り替えたり調整していきたいです。

-聞いているだけでわくわくします!SHE lovesで学んだことをたくさん活かして、より多くのお客様に魅力が伝わると嬉しいです。

最後に、平井さんのように夢やアイディアを実現させたいと考えている読者の皆様にメッセージいただけますか?

夢を実現するためには、誰でもトライアンドエラーの繰り返しだと思っています。本を読んだりSHEの講座を受けたりして、夢に近づけるアイディアを思いついたら思い切って実行しみる。上手くいかなかったら他の方法を試してみる。夢を夢で終わらせないためには、実現方法の仮説を立てて、行動を積み重ねることが大切だと思います。私もはじめforucafeをつくるときは大学生で、右も左も分からなくて、紀伊国屋で「飲食店のはじめ方」という本を買ったり、大学の授業で先輩経営者の方の話を聞いたりして、こうしたらできるかも!という仮説をいくつも立てていました。それから6年間事業をしていて思うのは、トライアンドエラーの過程、チャレンジする過程が一番楽しい!ということです。

「思い切って実行」という言葉が平井さんのこれまでの生き方を表現した言葉だと思います。誰でも失敗はするものですが、それを恐れていては何も始まりません。勇気を出して挑戦し、トライアンドエラーを繰り返す…その過程一つ一つが夢の実現を可能にするのではないでしょうか。

▷編集後記

自分の好きなことを”好き”で留めないための行動って実はとっても勇気のいることですよね。でも、その殻を破って行動した先に自分が熱狂できる夢があるって考えるとワクワクしませんか?とはいえ1人ではなかなか一歩踏み出せないという方も、とっても多いと思います。

SHEでは”好き”を一緒に見つけることから、夢の実現のロードマップを描くことまでお手伝いしています!

あなたも新しい挑戦を私たちとしてみませんか?

SHE lovesのご案内はこちら(→https://she-inc.jp/loves/)から!

0コメント

  • 1000 / 1000