【ロールモデルまとめて紹介】美容の世界で活躍するロールモデルの方々をご紹介します

こんにちは、SHEshares編集長の大原です。

今回は、女性なら誰しもが興味を持ってしまう、「美容」を軸に活動されている方々をご紹介いたします。

忙しい毎日の中でも、ちょっと自分に手をかけて、美容にこだわった生活を取り入れてみると、一気に幸福度が高まったりした経験はありませんか?

女性にとって、単に綺麗になるだけでなく、心の充足や自信につながる「美容」の世界を少しだけ覗いてみましょう。

⒈ 自身のルーツを活かして、日中美容研究家として活躍する濱田文恵さん

ご自身のルーツである中国と、日本の美容の良いところを効果的に取り入れる日中美容研究家として活動している濱田文恵(はまだ・ふみえ)さん。日々、各種メディアで美容情報を発信しているほか、セミナーでのご講演や個人向けのメイクレッスン・自分磨き美容塾『linome』の運営なども精力的に行っていらっしゃいます。現在では15種類以上の美容系資格を取得されている濱田さんですが、美容への道へと歩まれたきっかけは、新卒時の激務やストレスから起こった肌荒れを治そうとしたことだそう。他の誰にも真似できない、自分らしい仕事を生み出す秘訣も合わせて、インタビューではお話をお伺いさせていただきました。

_________________________________________

日中美容研究家とは、中医学と、西洋をベースにした日本医学の両方からアプローチし、より綺麗になれることを提案するという職業です。美容は学べば学ぶほど、インナービューティーにいきつきますが、そのインナービューティーは中医学に基づいてることが多いと感じます。そのため、自分の出身の中国の美容の知識とひも付けて、日々美容を研究しています。

例えば、日本の女性は生理中でも、アイスを食べることがありますよね。でも、中国の女性は、身体を冷やさないように絶対に生理中にアイスを食べません。なぜなら、生理中にアイスを食べると、血の出が悪くなっていくんです。中国の女性は誰でも知っていることですが、日本では「冷たいものは生理中に摂らないほうがいい」という認識で終わっていて、その根拠を知らないんです。そういったインナービューティー、身体の内部に目を向けているのが中医学の特徴です。

_________________________________________

ご自身のルーツと、肌荒れに悩んだ経験を活かして、美容家の道を切り開いてきた濱田さんの発信する内容は、どれも新鮮で、とても勉強になることばかりです。ぜひインタビューを読んで、さらに興味が沸いた方は、著書もチェックしてみてください。

▼▼▼

「ルーツを活かして」日中美容研究家に至るまでの模索

著書:運命をこっそり変える


⒉ 元タレントから韓国ビューティーアドバイザーに転身した黛実希さん

タレントから、大好きな韓国美容の魅力を伝える仕事に転身した黛実希さん。大変なことはあるけれど、好きがそのまま仕事になったので、毎日とても幸せだそう。自分のコスメブランドを立ち上げるという夢に向かって、日々勉強を続けていらっしゃるストイックな女性です。

_________________________________________

もともと20歳から芸能界に入って、去年は上海の方でもタレント活動をしていましたが、一転して今は、韓国のコスメショップでビューティーアドバイザーとして働いています。実はこのお仕事を始めたのは今年からなんです。 ずっと韓国が大好きで、今のようなキラキラしたお仕事に憧れていたので、この職につないで頂いた様々なご縁に本当に感謝しています。これからもっと沢山の人に韓国の美容を伝えていきたいと思っています。

ー新しい分野に挑戦するときの壁はどのように乗り越えたのですか?

とにかく「勉強」ですね。紙に韓国語の美容用語を書き出して朝までカフェ勉したり、お店 においてある商品を一通り自分の肌で試したりしました。勉強はすればするほど、やるべき ことが増えていって、お店に英語圏や中国のお客さんも来るため韓国語以外の美容用語も覚 えました。「日本人だから」といって片付けられるのは悔しいので、完璧にしようと必死 でした。今も日々勉強しています 。

_________________________________________

韓国コスメや、韓国の美容は常に最先端で、思わず日本人の私たちもいつも注目してしまいますよね。ぜひ最新の韓国美容トレンドが気になる方は、黛実希さんの情報をチェックしてみてください。

▼▼▼

「人生は小さな幸せの積み重ね」元タレントから韓国美容アドバイザーへ転身。オシャレでパワフルな黛実希さんのパワーの源とは。


⒊ 元高卒ギフト販売員から、美容家に転身し、大活躍中の木村栄里菜さん

「女性の可能性を引き出す存在でありたい!」という想いのもと、石川県金沢市にて「BeautySalonEn&Ri」というエステサロンの経営、そして金沢・東京を往復し、企業の従業員様や一般女性向けの美容講師の仕事をしていらっしゃる木村栄里菜さん。

もともとは高卒で普通の百貨店販売員として働いていらっしゃいましたが、自分の美意識を高めるために、美容の世界へ飛び込み、好きに没頭する中でどんどん活躍の場を広げてこられたそうです。

_________________________________________

昔から外見にコンプレックスがたくさんあって、顔や体型のことなど小学生くらいからずっと悩んでいました。しかし、そのコンプレックスを解消したいという強い想いでさまざまな美容に興味を持つようになったのです。

実は、私は最初から美容業界にいたわけではなく、元は高卒の百貨店ギフト売り場の販売員でした。普通のギフト売り場の店員を続ける中で、美容部員への憧れが湧いてきて、4年後には美容業界へ転職しました。

外見コンプレックスを克服するためには「環境」が大事だ!と思い、美容の世界に飛び込んだのです。きれいで美意識の高い人に囲まれた環境は、自分自身の美意識レベルも一気に上がり、少しずつですがコンプレックスが解消されていき、自信がついていきました。そして好きが実って、転職後1年で全国最年少の教育担当にもなることができました。

それからというもの、美容を極めたいあまり「化粧品」「エステ」「医療」とあらゆる美容分野にチャレンジしました。さまざまな分野を網羅出来た事が結果的に今の仕事にもつながっていますし、自分自身の強みにもなっているので……コンプレックスに感謝です!

そして実際にお仕事では、美容部員教育、企業教育など延べ10,000人以上に美容セミナーを行い、その後も某有名百貨店でのコスメコンシェルジュなど10年以上間美容の世界に携わり、2017年に独立しました。

BeautysalonEn&Riを立ち上げ、美容を通じて自分自身の魅力を発見し、キャリアアップ、ライフアップに繋げる、イキイキとした女性を増やしたい!という想いから、現在は、日々サロン業務やレッスン・セミナー活動を行なっています。

_________________________________________

自分の強いコンプレックスは、いつか誰かを救う大きな強みになるのかもしれませんね。今自分の容姿にコンプレックスを抱いていらっしゃる方は、ぜひ木村さんのインタビューをご覧ください。

▼▼▼

「始まりは、自分で自分の可能性を信じること」元高卒ギフト販売員、現美容家が語る「理想の未来を創る方法」とは


⒋ 自分に対する強いコンプレックスは、いつか誰かを救うことになるかもしれない

美容を仕事にしていらっしゃる方は、もともと自分自身が外見に対するコンプレックスで深く悩んだ経験をお持ちの方がほとんどです。

今自分の嫌いな部分がある方は、意外といつかそれが自分にとって一番大きな価値になるかもしれません。どんな自分も受け入れて、好きになる努力を一歩ずつ進めることからはじめてみませんか?

まずは美容に触れるところから。#美金や#ゆいコスで有名な松下ゆいかさんがメイクレッスンをしてくださいますので、ぜひお気軽にご参加ください。

▷松下ゆいかさんのレッスン情報

SHElikesのサイトからご予約が可能ですので、ご興味ある方は是非サイトをご確認下さい。

レッスン名:「#ゆいコス #美金 で大人気!松下侑衣花が教える、一日中美人が続く♡崩れないメイクのコツ&お直し術 vol.1

開催日時:2018年7月14日(土)10:00〜12:00

開催場所:SHElikes 表参道教室(※表参道駅から徒歩5分の場所です)

申し込みはこちら:https://she-inc.jp/likes/courses/118/lessons/172?utm_campaign=18071410&utm_medium=shesns&utm_source=sheshares


0コメント

  • 1000 / 1000