「自分らしく、個を活かした働き方をするためにはどすればいい?」第一線で輝くミューズたちの答えとは【SHEfestivalトークセッション】

2018年6月16日(土)、SHEの新拠点移転を記念したパーティー『SHEfestival』。

ワークショップや交流会に加え、会場の温度がぐっと上がったのはイベント後半のトークセッション。そこで今回は、社内外で活躍する3名の女性たちにご登壇いただいたトークセッションを一挙大公開いたします!

社会の中で自分の「個」を生かす秘訣、SNSの使い方など明日から実践できるTIPSが豊富に詰まっています。

SHEfestival全体のイベントレポートはこちら

1. 今の仕事に至った経緯は?

「人気女性メディア『TRILL』プランナーの原千春さん」

- まずは、今のお仕事にいたった経緯を教えてください!

原千春さん(以下、原):

もともとインターネット業界に興味があったので、1年目はインターネット広告代理店に就職したんですね。インターネット広告が伸びている最中で、新卒から広告の運用をメインに担当しました。その当時の広告運用って、結構泥臭くて。

今でこそ、本当にやってよかったと思ってるんですけど、インターネットに興味があったのにオペレーティブなことばっかりやっていて「これがインターネット?」みたいな感じで。

最初からそんな状況でも内省ができる人であればいいのですが、数年経って「自分の今後と、目の前の業務を繋げられずに苦しんでいる」人たちをマネージメントしていく機会をいただくうちに、ネガティブなマインドの人をポジティブに変えていくことが増えていきました。与える情報で、人がポジティブに変わっていく事を目の当たりにする中で、そういうことを仕事にしたいと思い、メディアへの転職が浮かび上がりました。さらに私の中でやりたいことが女性支援だったので、今の仕事に至ったという感じです。

「美人すぎるワーキングママ、大橋菜央さん」

大橋菜央さん(以下、大橋):

学生のころに自分の将来を決めるというのが難しくてですね…。自分の好きなことを仕事にするにしても趣味がすぐに変わるタイプなので、今はわからないよと。だったら、選択肢が多い会社を就職先として選びました。自分が本当にやりたいことが出てきたときに、それを選択できる自分のスキルやノウハウがあれば、それが一番幸せなんじゃないかなと。

就職した会社はいろんなカテゴリーの職種があって、自分がやりたいことを見つけたときに社内でいながらにしてキャリアアップできる会社でしたね。もともと想定していなかった営業職に配属されたんですけど、面白すぎて(笑)

キャリアの考え方において、山登り型と川下り型というものがあります。自分から目標があってそこを目指すのが山登り型で、目の前のことに向き合っていくうちに自然とキャリアが形成されていくのが川下り型。私は完全に川下り型でした。

本当はものづくりが好きだったんですけど、営業職も真剣に取り組むと面白いことがたくさん出てきて。最初はまったく興味がないところからだったんですけど、今はもうキャリアの半分以上がマネジメントになっていて楽しくやらせてもらっていますね。


「SNSブランディングコンサルタント、OKINAWAHOLICプロデューサー すながわせーらさん」

すながわせーらさん(以下、すながわ):

私は沖縄出身なんですけど、大学を機に上京しました。学生時代に女性向けメディアで3年くらい働いていたんですけど、インターンとして働きながら「女性のライフスタイルをどうしたら理想にできるのか」とか、「毎日どうやったら楽しめるようになるのだろうか」とメディアの先にいる人たちと向き合っていました。実感値として、目の前の人が幸せになるとか、自分に自信がなかった人がその活動を通して自信をつけられたとか、そういう人たちを見ていてすごく楽しかったんです。一方で、やっぱり自分にしかできないことをやりたいという気持ちが強くて。それを考えたときに、沖縄のことをやりたいなと思ったんです。

ですが、突然ビジネスをやろうとしたところで私はその術を知らなかったので、選択肢を広げるために就職を選びました。もともとSNSをやっていたので、IT企業に就職しました。

インターネットを通して、女性のみならずいろんな人の行動が動くことが面白いなと思っています。今は会社で培ったスキルや知識を、自分が運営している「OKINAWA HOLIC」に活かしています。

2. 好きなことを仕事にすることや、活躍するために大切にしていること

-みなさん、自分の好きなところ、ルーツを大切にしながらお仕事にされている印象を受けました!好きなことを仕事にするうえで、気をつけていることはありますか?

原:

大事にしていることが3つあります。1つ目は、自分にない才能を持っている人とたくさん会うようにしています。それっていわゆる尊敬だと思っているのですが、自分の中で「こういう生き方はありなんだ」と選択肢が増えていって、自分の可能性を広げることができます。

2つ目は、あまり1つの職種にこだわらないことですね。私は「融合」っていう言葉が好きなんです。たとえば、編集者とマーケターの間になろうみたいな。新しい職種を自分で作っちゃって、それを突き詰めていったら競合ってあまりいないんですよね。今、私自身もその軸を増やしていっているところです。

3つ目は、「意外とイケる」っていうマインドを持ち続けること。「これとこれするの時間的に無理じゃない?」といったアッパーは引かないです。やってみてダメだったら、そのときに変えてみればいいんです。

大橋:

人の役に立てているかどうかを意識しています。仕事って趣味ではないので、人の役に立てないと本来お金はもらえないはずなんです。人の役にたって、その仕事に一生懸命向き合っていれば、だいたいその仕事のことを好きになるんですよ。好きだからやってるんじゃなくて、やっているうちに好きになっていく。自分が与えられた仕事をただこなすのではなくて、自分の最大の価値を発揮するのが大事なんだろうなと。

あとは、どうやったら自分がご機嫌で働けるかどうかを知っているかどうか。私はまず、睡眠時間が大事なんですよ。睡眠と健康的な生活と、家族との時間があればご機嫌になります。何があれば自分がご機嫌になれるのかを知り、その時間を絶対にとるって決めちゃうことです。そこから、どうすればその時間を取れるのかを考えるんです。

すながわ:

私が好きを仕事にするために意識していることが2つあります。「研究」と「発信」なんです。

私はもともとインフルエンサーだったわけでもなければ、SNSが昔から上手だったというわけではなくて。ただ学生時代から、何か自分ができることをやってみようと考えたときに、まずは自分が向き合えるSNSをやってみようとなって。企業のインターンをしながらSNSとずっと向き合っていたんですね。私の周りのインフルエンサーの方を見ても思うのですが、みなさん天性で光を浴びましたみたいなものではなくて、地道に自分のアカウントに向き合ってどうやったら伝わるのかを研究している人が多いということがわかって。好きなことを趣味で留めるのか、仕事にするのかの違いはその研究量だと思っています。

ただ、自分で研究しているだけではなくて、今自分が考えていることを発信しなければ意味がないなとも思っていて。発信することによって、直接クライアントから依頼が来るときもあれば、誰かが紹介してくれるときもあります。自分が思ったこと、考えたことは発信したほうがいいなと思っています。

私が好きな考え方で、「60%をクライアントワーク、20%を研究、20%を外交」というものがあるんですよ。自分の仕事だけをクライアントワークとしてやっていても、その枠組みだけでやっていると新しいこと、面白いことが生み出せない。だから、あえて早めにきりあげて新しいところにいったり、新しい研究を重ねたりすると仕事に活かせることが見つかります。あとは新しい人に会うこと。自分が好きなことを仕事にするためには重要かなと思っています。好きなことを仕事にしながら、研究と発信の時間を持っていることが秘訣なのかなと。

3. 今後の働き方、ライフスタイルについて

- ありがとうございます。みなさん向上意識が高いと思うので、このまま同じ仕事を続けることはないのかなと思っているのですが、今後の働き方についてどう考えていらっしゃいますか?

原:

私は決めてないですね。そのときに必要な形式があれば、その形式にそうだけです。さっきも言った通り、「融合」を大切にしているので。たとえばひとつの仕事以外で、土日だけは他のことをやるとか。遊びながら仕事をするイメージでやっています。

大橋:

私は川下り型なので、「絶対こう!」というものはないです。入社2〜3年目で「こうなりたい」というものがなくて迷っていたとき、『その幸運は偶然ではないんです!』という本を上司が勧めてくれまして。この本は、川下り型の人がどういうマインドでいると自分の選択肢が広がっていくのか、わかるようになっています。なので、川下り型のキャリアの人はぜひ読んでみてください(笑)何も未来が決まっていなくても、流れてみていいと思います。

すながわ:

私はどちらかというと計画派なんです。もちろん計画通りにいかないことはたくさんあるんですけど、「将来こうなっていたい」という計画は持っていたいタイプで。

27歳までに好きを仕事にしたい!という目標があります!なので、今は全力で仕事をしつつ、ゆくゆくはそこに乗り出してみたいと考えています。

私は逆に何ももっていないからこそ、失うものもないし、早い方がいいんじゃないかと思っています。いずれ結婚したいなとか、子供欲しいなと思っているんですけど、今しかできないことってあると思うんですよね。

- ライフスタイルの部分について、大橋さんはお子さんが生まれましたが、出産前後で変わったことはありますか?

大橋:

子どもがいる部分で変わったことももちろんあるんですけど、何かやりたいことがあったらどうやったらできるのかを考えるだけですね。そういう意味では、変わらないことも多いです。

実は、子育てに仕事のマネージメントがいきているなと思っています。マネージメントの基本って、まずは体制を整えることからなんですね。どういう体制でやれば自分が納得するライフスタイルが送れるのか考えたときに、親が必要だと考えました。私の親はちょうど去年定年を迎えて「お金もないから習い事やめちゃおう」って感じだったんですけど、子どものことを世話するために、体も鍛え出しまして(笑)


4. ライフスタイルも魅力的な3名のSNS活用方法

- 今までしていた仕事を活かして、日々の生活や子育てに向き合えるとまた面白い観点が生まれるんですね。最後に、ライフスタイルも魅力的なSNSの使い方を教えていただきましょう!

原:

人とモノを交互に投稿するという自分のルールがあります。いくつかルールはあるんですけど、その自分ルールに沿って写真を投稿して残していっています。

自分のアカウントで先にいろんな種類の投稿を試してみてから、会社のアカウントでの投稿に活かしていました。自分のアカウントは実験ですね。

ちなみにInstagramはお花、食事、ネイルが強いですね。とくにネイルはみんな保存してくれます。今はすこし仕様が変わったかもしれませんが、保存が多いとInstagramの虫眼鏡マークの部分(検索部分)に出やすくなるみたいなんです。

原千春さんのInstagram

大橋:

自分のライフスタイルに合わせて投稿するものを変えています。よくおすすめの旅行先を聞かれるのでアーカイブとして活用していたんですけど、最近はもっぱら赤ちゃんの写真ばかりです(笑)

会場:「かわいい〜〜♡」

会社でもこうやって見守ってくれる人がいると「大きくなりましたね〜」って一緒に喜んでくれる人も増えて、親戚が増えたみたいで嬉しいです(笑)

大橋菜央さんのInstagram

すながわ:

旅行で行ったところを #SeraWorldTravel でタグをまとめています。それを見つけた旅行系メディアの人たちに声をかけていただいて、そうやって仕事に繋がることもあります。

全部一貫して目指しているところは、このアカウントをみて元気になるとか、毎日を楽しく過ごしたくなるということは意識していて。投稿する際は、理想の自分をイメージしていますね。もちろん毎日こんなキラキラしてはいなくて、働いてボロボロなときもあるんですけど、「こうありたい」という姿を載せることで自分自身を高めています。

すながわせーらさんのInstagram
OKINAWA HOLIC

「好きを仕事にする方法」は三者三様。目標を定めて戦略的に向かっていくケースもあれば、目の前のことに全力で向き合い続けて好きにつなげていく方法もあります。

とはいえ、3名に共通していたのは会社や組織の仕事で得た学びと、日々の生活や個人の仕事で得た学びを融合させ、相互作用的にいいサイクルを生み出しているということ。

今いる場所を大切にしながら、自分がやりたいことを見つけたときに動けるような準備をしておくことが大切なのかもしれません。

原さん、大橋さん、すながわさん、素敵なお話をありがとうございました!


SHEshares編集部
花田


▶︎自分の好きを見つけたい方は、キャリア&ライフスタイルレッスンスクールSHElikesへ!
仕事やライフワークにつながる豊富なレッスンをご用意しています。

0コメント

  • 1000 / 1000