「結果を焦らず、可能性の種を撒き続ける」スーパーフードインストラクターが教える、“自分の好きな事”で活躍し続けるためのエッセンス

身体に有効な成分を多く含むスーパーフード。チアシードやアサイーなどはメディアでもよく取り上げられるため、耳にした事がある方は多いのではないでしょうか。今回インタビューさせて頂いたのは、スーパーフードインストラクターの澤田 祥子(さわだ・さちこ)さんです。ご自身が好きな食と香りの分野で、どんどんと新しいものを作って世界に発信されている澤田さんに、21世紀を生きる女性のためのレッスンクラブSHElikesでのご登壇に先立ち、お話を伺いました。

⒈ 「健康に良い食べ物を」スーパーフードインストラクターとしての仕事

―ではまず、現在のお仕事内容を教えてください。

ローフードやヴィーガンフードのジャンルの中のスーパーフードを専門とするインストラクターとして、健康にいい食べ物をご紹介する仕事をしています。ヘルシーな食べ物を学びたくて、門を叩いた先のフードプロデューサーの方にたくさんのチャンスをいただきました。主にFarm bar-asakusa-ではレシピを作ったり、また、催事などのディスプレイなども時にはお手伝いしています。

「銀座三越さまのヘルシーandビューティがテーマの催事にて」

実は以前からアロマテラピーインストラクターとしても活動しており、オーダーメードの香りのギフトなども作成しております。名刺の肩書きに何て書くべきか、いつも周りの方に相談しているのですが、悩み続けてかれこれ何年も過ぎてます。でも好きなことばかり仕事にできているなんて、しあわせですね。

「仕事場兼実験室って呼んでます。いつも好きにやらせてくださっている店長に感謝」

⒉ 前に歩み始めた瞬間が、自分にとってのベストタイミング

―好きな事を趣味の範囲に留まらず、仕事として広げていく。まさに、SHEsharesの読者が目指している姿の一つです。食と香り、澤田さんが好きな分野で仕事を行うにあたって、大切にしている事はなんでしょうか

今の仕事に関わる勉強を始めたのはじつは40歳を超えてから。もう少し早く始めていたら…とも思いましたが、全てはそういうタイミングだったのだと思っています。もともと身体のために始めたことが、気がつけば仕事になっていました。farmbarを手伝ってみないと言われてから、目の前に来る仕事を丁寧に淡々とこなしていくなかで、可能性を少しずつ広げていきました。今もその最中だと思っています。食の勉強も香りの勉強もずっと生涯続けていくつもり。友人には、いつもバタバタ忙しそうなのに、何か作っては楽しそうと言われています。

―一歩ずつ出来ることを行ってきた結果が、今の澤田さんの多彩な活躍に繋がっているんですね。現在、取り組んでいる事を教えてください。

現在、オーストラリアでランドスケープを学び、Lina badaという香りのプロダクトのファウンダーである友人の女性と、新しく"Love contrast"というブログを始めました。外国の方にも多く見ていただきたいので、英語と日本語でアプローチしています。主に食や香り、旅をテーマに私たちが感じた事を日本的な感覚も含めて発信していくつもりです。
[Lina baba:http://www.linabada.com/lovecontrast]

「愛用のスーパーフードたち。サプリメントに頼らず気軽にスムージーにトッピングしています」

⒊ 自然から受けた恩恵を、カタチに変えていく

―スーパーフードインストラクターとして、健康や美容に関して、意識している事はありますか。

ホットヨガは10年、それに加え、ここ2〜3年ピラティスを取り入れています。年齢的にも、メンテナンスは本当に大切です。「身体を動かし、身体にいいものをなるべく摂る」この基本的なルーチンワークこそ全て。仕事柄、肌が荒れていたり、ぽっこりおなかでは説得力ないですものね。ここは律しています。

―日々の行動が全て身体に表れてくるんですね。かなりお忙しくお仕事に取り組んでおられますが、お仕事をされていない時はどのように過ごしていますか?

ハワイが好きで年に一回必ず行きます。この時間はデトックスと充電です。野菜も果物も空気も美味しいので。日本にいるときは、ハワイの文化であるレイを編むお教室に5年ほど通っています。
また、暇ができると一線で活躍中の料理研究家の方々の所に習いに伺います。
全ての先生に共通することは、下準備にかける時間とその手仕事の美しさ。何かを学び吸収している時間はリラックスタイムかもしれません。仕事のアイデアも浮かびます。自然に触れ、その恩恵をカタチにすることが好きなんですね。
普段自宅で、お庭のハーブやお花を摘むときも、その組み合わせなどから、香りや食べ物のお仕事のアイディアに繋がったりしています。

「習いごとのハワイアンレイは全て生花」

⒋ 経験は全て糧になる。いいことも悪いことも長い目で見て。

―リフレッシュする際に得た事をお仕事でアウトプットされているんですね。そんなお仕事もプライベートも精力的な澤田さんの、人生観を教えてください

実は自分の仕事で、こんな風にインタビューで取り上げていただくなんて恐縮しています。私は何かを作り上げるためのプロセスが好きで、下準備というか、縁の下の力持ちでいたいという気持ちが強いんです。世の中には、主役と脇役がいるように今の自分の力量を冷静にわかることは、悪いことではないと思っています。人にはその時々で役割分担があるんです。リードしたり、一歩引いたり、その与えられたポジションで目一杯頑張ることが大事だと思っています。
「今まで大切に持ってきた自分の引き出しから見つかった何かのパーツ。誰かにピッタリはまり、止まっていたものが動き出す。」ここ何年かはそんな気持ちです。これからもそのスタンスは変わらないと思います。シェアってそういうことです。それに誰かの役に立つって、けっこう気持ちいいもので満たされることなんですよね。たとえ仕事でも、優しさには優しさをどこかでいつも信じています。

「自分のカラーばかりじゃなく、何色にでも染まれる器用さと柔軟さを」


-最後に、「私はこの先どうなりたいのか、私だけが好きな事って何だろう」そんな迷いや悩みを抱えるSHEshares読者にメッセージをお願いします。

“行ってみよう、やってみようって思ってる
いいことも悪いことも、経験しないよりも絶対にしたほうが強いって思ってる”
私が尊敬している方の言葉なんです。経験は全て糧になる。まずは何でもはじめてみてください。でも、そこからおこりうる事象をいいことも悪いことももう少し長い目で見てみることをお勧めします。とにかく答えを急ぐ人が多い気がします。
また、今はSNSの発展で誰もが発信できる時代。 そんな中で自分の求めていた答えや反応ではない時にどうしたらいいかわからない人を何人か拝見します。頑張れとあまり言ってはいけないそうですが、頑張れも言われない人になりたいのかな?っていつも思っています。
チャンスは今じゃなくても、また巡ってきます。そのためには学び続けることは大事です。私は、回り道という時間を過ごしてきた方に魅力を感じます。あそび心や余力がある人は豊かさそのものです。どうか可能性の種を撒き続け、育て続けることを諦めないでくださいね。

「やがておっきな木になり葉が繁ります」

―澤田さん、インタビューにお答えいただきありがとうございました。

▷澤田祥子さんのレッスン情報

そんな澤田さんがSHElikesのレッスンにご登壇されます!
SHElikesのサイトからご予約が可能ですので、ご興味ある方は是非サイトをご確認下さい。
レッスン名:「お家で作れる、涼しげな夏にぴったりの甘酒スムージー講座!with 浅草農園farmbar
開催日時:2018年6月16日(土)10:00〜12:00
開催場所:SHElikes 表参道教室(※表参道駅から徒歩5分の場所です)
申し込みはこちら:https://she-inc.jp/likes/courses/117/lessons/170?utm_campaign=18061610&utm_medium=shesns&utm_source=sheshares

▷編集後記

“中々成果が出なくて焦ってしまう”、“自分がやりたいことってなんだろう”

そんな風に現在の自分に対して閉塞感や葛藤を感じる女性は多いのではないでしょうか(かくいう私もそうなのですが…)。「いいことも悪いことも、経験は全て糧になる」澤田さんが大切にされているその言葉は、私を含め、現在の自分に対して閉塞感や葛藤を感じる全ての女性にも響くものだと感じました。
そして、40歳から今のスーパーフードインストラクターとしての道を歩き始め、除々に活躍の場を広げてきた澤田さんの姿自身が、年齢や経験、今の環境など、何かしら理由を付けて、前に進むのをためらってしまう人たちの背中を押してくれます。
澤田さん、この度は素敵なお話をありがとうございます。今後のご活躍も楽しみにしております。
Sheshares編集部 素鼓

スーパーフードインストラクター

澤田 祥子(さわだ・さちこ)

ヨガやピラティスを通じて、身体のコンディションと食べ物の大切さを実感し、浅草農園farmbarのプロデューサーであるWooninさんのもとでraw foodやsuper foodを学ぶ。farmbar立ち上げから、R.A.W.rawfood atelier wooninのSuper food Instructorスタッフとして現場から、季節感を大切にした、美味しくて、身体に良い飲み物を発信しています。

0コメント

  • 1000 / 1000