大原みほこ

【ビジネス × 作家 × 女性のキラキラ】を掛け合わせて、
すべての女の子が自分らしく輝ける世界を実現します

インタビュアー / ライター / 女性メディア立ち上げ / 美容研究 / 広告コンサル営業 / 母娘関係研究 / 国際協力ミスコン開催

記事一覧(51)

【繊細すぎる頑張り屋さんのあなたに届けたい】 人一倍敏感な人=HSPとは

こんばんは。SHEshares編集長の大原光保子です。今回は、繊細すぎて生きにくい方向けに、ぜひ知って欲しい情報をお届けします。繊細すぎる方は、まずこの記事を読んだ上で、こちらのレッスンで自己分析をしてみることをオススメします。_________________________________________レッスン名:「本当の自分はどんなタイプ?自分の行動特徴や思考の癖を知るための、エニアグラム自己分析講座」_________________________________________私は昔から「なんだか人と比べて私はすごく生きにくいなぁ」と感じることがよくありました。何か嫌な出来事があったから落ち込むのではなく、デフォルトで常に孤独や不安に襲われていて、いつも誰かが隣にいないと寂しさでいっぱいいっぱいになってしまうのに、ものすごく気を使ってしまうので、ずっと他人といることもできず。本当に、生きていくのがしんどいな〜と常々思っていました。(今でもその名残は残っていて、深い関係になる一歩手前の相手との関わり方がわからなくなってしまったり、2日間一人で過ごすと耐えられなくて夜中に胸の痛みで目が覚めたりします。)中学生の時、はじめて自分一人の部屋で眠るようになると、一人が耐えられず半年ほど不眠症になってしまったり、ちょっとした物音に過剰に反応してしまったり、でもこういう事を言うと「メンヘラ」としてめんどくさいやつレッテルを貼られて片付けられてしまうので、なんとか外に出さないように、一生懸命気をつけていたんです。そんなある日、ある本屋さんの棚が目に止まりました。そこには、「敏感すぎる人」に向けた本がずらっと並んでいたんです。その本たちの中では、敏感すぎる人=HSP(Highly Sensitive Person)という言葉が紹介されていました。それを見た時、「あぁ、私のこの生きにくさには名前があって、同じことを感じている人がこんなにたくさんいるんだ!」という事を知って、心の底から安心した事を覚えています。ですから今回は、私と同じような生きずらさを抱えている方に、「一人じゃないから大丈夫だよ」というメッセージを伝えたいと思います。